イクメンはね丸の思うこと

初めての冬キャンプを体験してきましたと題して、情報共有をします

はね丸の思うこと趣味や好きなこと>投稿記事を個別表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ場の薪ストーブ


2週間前ですが、子連れ家族で冬キャンプに行ってきました。
最近お気に入りの軽井沢のキャンプ場に、2泊3日ほど滞在しましたよ。

軽井沢は私達夫婦にとって結婚式を挙げた思い出の地であり、年1~2回は行く馴染みの場所です。
前はリゾートホテルに宿泊していましたが、最近はキャンプですね。(笑)

今回は生まれて初めて冬キャンプを体験します。
目的は雪と薪ストーブです。

キャンプ場は標高1,000m以上の場所にありますので、例年であれば4月まで雪が堪能できるのですが…今年は暖かかった…。
行く頃には雪が全部溶けていました。(汗)
元々子供達の雪遊びとして期待していたので、ちょっと可哀相でした。

でも子供達はキャンプ自体を楽しんでくれたようで、親としても救われましたよ。(笑)

スポンサーリンク

アウトドアでは子供達が超働く

食器を洗う子供達

アウトドアの良い部分として、子供達がいつになく活性化します。
開放的といった気分の影響もあると思いますが、テレビやゲームなど無駄に拘束されるものが周りに無いのも理由だと思います。

またアウトドアですと多少の汚れや粗相も気になりませんので、親としても任せやすいですね。


薪運びを手伝う子供達

食器洗いといった定番のものから、薪運びという力仕事も。
たぶんこういう運びになると予想しておりましたので、事前に子供サイズの軍手を用意していました。


料理を手伝う子供達

アウトドア料理は簡素なものが多いですので、子供達に任せられる部分が多いです。
頑張っている子供達の姿を見るのは、親としても微笑ましくて癒しのひとときです。(笑)


親は薪ストーブを堪能

薪ストーブの火付けを行う

暖炉付きのホテルや囲炉裏など、この手のものに目がない私。
早速薪ストーブに火を入れます。

まずは焚き付け用の細い薪を燃やし、次に燃えやすい雑木、最後に持ちの良い楢などの薪を燃やします。


癒しの薪ストーブ

薪ストーブは初体験ですが、凄くいいですね。
炎を楽しむなら暖炉の方が上ですが、薪ストーブは料理とかにも使用できて多機能です。

また、薪の燃焼効率がとても良くてエコですね。
薪がかなり長く持ち、完全に灰になる芯まで燃え尽くします。

セカンドハウスには是非欲しい。(笑)


子供達と一緒にバターを作ってみた

ペットボトルと生クリームでバターを作る

アウトドアクッキングは非日常感があって新鮮なイメージのものが多いですが、今回は子供達がより楽しめるようにバター作りをしてみました。
用意するのはペットボトルと生クリーム、あと塩少々です。


バター作りをする子供達

材料を全てペットボトルに入れ、あとはただ振るのみです。
個人差はありますが、20分くらい振り続けます。

子供達のスタミナだけでは難しいため、途中で親が介入します。

これで筋肉痛になりました…。(汗)


手作りバターの完成

で、ペットボトルを切り開いてバターの完成。
液体からの変化が、なかなかの感動です。

酸化していないフレッシュなバターを食べる機会はなかなかないのですが、とてもおいしかったです。
ちょっとミルクっぽい風味が残っています。

これは自宅でもできますので、興味のある方は是非お試しを。
良い運動にもなります。(笑)


木のおもちゃで遊びまくり

ハバ社ボードゲームのスティッキー(Zitternix)

雪が無いのは事前のチェックによりわかっていましたので、子供達が退屈しないようにゲームを用意していました。
まずその1つ目がハバ社のスティッキー(Zitternix)です。

サイコロを振り、出た目の色のスティックを抜いていく単純なゲームです。
ジェンガのようなバランス系ゲームですね。

スティックは色によって太さが違い、太いほど難易度が上がりますが点数が高くなります。

私としてはこれが一番面白く感じました。


セレクタ社ボードゲームウサギのニーノ

こちらはセレクタ社のボードゲーム ウサギのニーノです。

洪水になった巣穴からウサギを逃がすゲームで、サイコロの出た目の色の出口にウサギを移動させます。
出口は階段になっていますので1回で出口から逃がすことが出来ず、次の人が同じ色を出せばその人がウサギをゲットしてしまいます。

ウサギやボードの作りがかわいく、まるでインテリア雑貨のようです。


ドライマギア社ボードゲームすすめコブタくん(ラッセルバンデ)

最後はドライマギア社のボードゲーム すすめコブタくん(ラッセルバンデ)です。

ブタのコマを使用したすごろくなのですが、他には無い要素がいくつかあります。
まずコースは8枚のパネルの上下に書かれたコースを自由に組み合わせ、数万通りの変化が楽しめます。

次にブタのコマは、同じマスにくると写真のように重ねることが出来ます。
この状態で下のコマが進む際、上のコマも同時に進むのです。
これにより、みんなで同時にゴール、ということもありえるわけですね。

最後はチップを使って1回だけコースを伸ばせる、です。
一番後ろのパネルを外し、先に付け足すことでゴールを伸ばせるのです。

サイコロの目も1~4までしかなく、最後の人は2回振れるなど接戦になる工夫が随所にみられます。
子供達の1番人気はこのゲームでした。


料理を作っては食べまくり

薪ストーブでピザを作る

BBQなど定番メニューの他に、今回もいろいろと作ってみました。

まずは薪ストーブを使用したピザ。
子供達に切った材料を渡し、自由にトッピングしてもらいます。

熾火の状態を作るのがなかなか難しいですが、それ以外は簡単でオススメです。


薪ストーブでパンケーキ

薪ストーブのトップにフライパンを置き、そこでホットケーキを焼きました。
更にオン・ザ・手作りバターです。

自分達で作ったバターが使われているので、子供達の反応は上々でしたよ。(笑)


薪ストーブでじゃがバター

アルミ箔に包んだジャガイモを薪ストーブに放り込んで、ホクホクのじゃがバターです。
もちろんバターは手作りバターです。

子供達にはそれだけで大人気でした。(笑)


ノンビリゆったり過ごしたつもりでしたが、実際は時間が足りないと感じるほどの密度でした。
完全に満足するには3泊くらい必要かな?と感じました。

事前にいろいろとアイデアを考えておいたため、子供達にも楽しんでもらいつつ、家族で楽しく過ごせたと思います。



スポンサーリンク
hanemaru_comをフォローしましょう このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 趣味や好きなこと
キーワード 家族旅行,子連れ,冬,キャンプ,薪ストーブ,グルメ,アウトドア








※コメントは管理人の承認後、表示されます。

コメントを受け付けました。
コメントは管理人の承認後、表示されます。

表示順:新規順 | 投稿順 | 人気順 | 注目順